稼ぐフリーライターになる方法

フリーライターになりたい人に稼ぐノウハウを私自身の経験を交えながら発信中。フリーランス初心者、副業ライター、Webライター、はてなブログでアフィリエイト収入を目指す人にも有益な情報をお届け!

ライターにとって「誰に取材するのかを考える」ことは重要な仕事

ライティングの仕事が豊富!


CrowdWorks(クラウドワークス)

ライターの仕事をしていると、常に迷うのが「取材先」の選定です。

 

誰に話を聞くかで、記事は大きく変わってしまうだけに、ここはきちんと考えなくてはいけません。

 

編集者のほうから「この人に取材お願いして」と言われることも多いですが、「この人に取材したら面白くなる」と自分から提案したり、「そっちよりもこっちの人のほうがいいんじゃないですか」と意見を言えるようになったほうがいいです。

 

スポンサーリンク

 

で、気をつけたいのは、「詳しい人や偉い人に取材するのが、必ずしも正解ではない」ということ。

 

例えば、もしもあなたが最近話題のビットコインについての記事を担当することになったとします。

 

ビットコインは今後どうなるのか、どんな仮想通貨が狙い目なのか、について話を聞きたい。

 

この時、ただ闇雲に「金融関係の専門家とか銀行出身の大学教授に話を聞けばいいや」ではいけません。

 

よくありがちなのが、とりあえずネームバリューのある専門家に話を聞けば記事として成立する、という勘違い。

 

10年以上前ならそれでもよかったかもしれないけど、今ではそれじゃあ読者は満足してくれない。満足してくれないというのは、情報としての価値がないということ。

 

もちろん、話に詳しくてネームバリューのある専門家に話を聞けるのなら、それはよいのですが、ただ単に専門家という肩書きだけで決めてしまうと、悲惨なこともありえます。

 

いざ取材をしてみたら「ビットコインはいつかバブルがはじけますよ」の一点張りで、仕組みは分かっていても全然仮想通貨に詳しくない。ブロックチェーンとはどんな技術なのかについてはすごく饒舌に語るけど、あえてこの人に聞くような内容でもない。そもそも聞いてみれば、ご自身はビットコインすら持っていない。

 

これは別に取材相手が悪いわけじゃなくて、完全にこちらのミスです。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

むしろ、肩書きはなくても、今回のケースなら、実際に仮想通貨の取引をしている一般人に取材したほうが、情報価値の高いものになったかもしれません。

 

(あえて、詳しくなくてもご意見番的な人にコメントをもらうというのもありますが、今の時代ではどっちかというとテレビ的な手法かな。ただ、面白くなることも多いです)

 

プロのライターとして、出版社やWEBメディアなどの媒体で活動していると、普通の人では受けてくれないような著名な方に取材を申し込めるというメリットは確かにあります。

 

最近はどの媒体も一般ブロガーとの戦いだったりしますから、そういう面で著名人への取材を通して、信頼性やネームバリューで差別化を図るのも得策ではあります。

 

ただし、いちばん大切にしなくちゃいけないのは、その記事が読者にとって本当に有益なのか、ということ。そして、他にはない独自でユニークなものになっているかということ。

 

なので、自分の記事はどんな読者が読むのか、どんなテーマなのか、しっかりと考えた上で、どんな人に取材して話を聞くべきなのかを考えることは、ものすごーく重要なのです。

 

OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek VN-541PC

 

じゃあどうやって、取材先にお願いするか、みたいな話はまた後日に。

スポンサーリンク