喫茶店で「相席」したがらないのはなぜなのか?

日本人だけ?喫茶店で相席すると舌打ちされて嫌がられる

フリーライターをしております。

 

ライターという仕事柄か、よく喫茶店を利用するのですが、最近は暑い日が続いているからなのか、近所の喫茶店がものすごく混んでいる。

 

で、いつものようにコーヒーを注文しようとすると、店員さんから

 

「申し訳ありませんが、あいにく満席でして…」

 

たしかに席は満席なのだけど、よく見ると2人席にバックを置いている人がたくさん。あれをどければいいだけなのに。

 

こういう時、私は極力笑顔で

 

「相席をお願いするので大丈夫です。アイスコーヒーのMをひとつ。いや、Lじゃないです。Mです。いや、Mです。ミディアム。はい、中くらいのサイズでお願いします」

 

と注文し、アイスコーヒーを握りしめると、待ち合わせをしていなそうな人を見極め、

 

「相席いいですか?」

 

と声をかける。

 

すると、これまでの経験上、ほとんどの場合、「あ、どうぞ」とバックをどけてくれる。

 

はじめは断られないかびくびくしたものだけど、実はみんな優しい。

 

考えてみれば、もしも自分が同じ状況で相席を頼まれたとして、

 

「嫌、ダメ!」

 

なんていうはずもない。

 

それなのに、なんでみんな喫茶店でこんなにも相席をしたがらないのだろう?

 

f:id:naze7000nanoka:20170713210150j:plain

 

本当はこの記事のタイトルを「なぜ日本人は喫茶店で相席をしたがらないのか?」みたいな風にしようと思ったのだけど、他の国のことはよくわからないのでやめておいた。

 

でも、なんとなく控えめな日本人の性格が表れているような気もする。知らない人に声をかけるのが怖い、いや「面倒」なのだろう。それくらいなら、座らないほうがマシみたいな。

 

だけど、お店としても、できるだけお客さんが増えたほうがいいだろうし、私のようにアイスコーヒーのMサイズ一杯だけで、何時間も居座られるような客(だから、毎回、私がMを注文するのに、「Lですね?」と聞き返されるのだろうか)ばかりだと回転率が悪くなるから、積極的に相席を進めていけばいいと思うのだけど…そうしない何か理由があるのかもしれない。すごく不思議。

 

とにかく、喫茶店でもしも満席でも「相席いいですか?」の一言で、意外とみんな「もちろん!」と席を空けてくれるものなので、ぜひ試してみてください。

 

ライター名瀬なのかのきっと役立つコラム
naze7000をフォローする
ライター向けクラウドソーシングサービス
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」はライター案件多数! 会員登録と発注手数料が一切無料でノーリスクなのもメリット。 お仕事依頼総額400億円超、登録社数110,000名突破で急成長中サービスです。

Bizseek

Bizseekの手数料は業界内最安級、初めての方にもわかりやすいプラットフォームが魅力のサービス。副業を探している方やちょっとしたおこづかい稼ぎにぴったり。大手サイトで仕事が見つけられない方にもオススメです。

サグーワークス

こちらのサグーワークスも日本最大級の記事作成サービス。自分の時間を活用したい主婦や学生の方から、副業・ がっつり本業として稼ぎたい方まで幅広く利用中。体験談や用語の説明文から、高単価なコラムなど豊富な案件が揃っています。

稼ぐフリーライターになる方法
タイトルとURLをコピーしました