稼ぐフリーライターになる方法

フリーライターになりたい人に稼ぐノウハウを私自身の経験を交えながら発信中。フリーランス初心者、副業ライター、Webライター、はてなブログでアフィリエイト収入を目指す人にも有益な情報をお届け!

関西弁を使わない関西人は仕事がデキる説

ライティングの仕事が豊富!


CrowdWorks(クラウドワークス)

けっこういる標準語関西人。なぜ関西弁を使わない?

 

どーも、名瀬なのかと申します。

 

今週のはてなブログは「方言」がお題ですが、私は東京生まれ東京育ちというクソつまらない人間なので、方言へのあこがれが強いです。

 

で、いつも思うのが「みんな、よくそんなに東京弁をネイティヴに使いこなせるのなー」ということ。

 

大学のとき、青森出身の友達に「寝ていて夢を見ているときは青森弁なの?」とまるでバイリンガルへの質問のようなことを聞いたら、露骨にイヤな顔をされたので、それ以来聞いてませんが、未だに疑問。

 

そんな中で、頑なに自分の言葉を使い続けるイメージの強い関西人。お笑い芸人の影響からでしょうか。

 

ただ、大人になってみると、「あれ?関西人だったの?」という人が意外と多いような気がします。

 

見事なまでの東京弁。たまに「◯◯だぜ!」すら言うこともある気がする。

 

そして彼ら彼女らに共通するするのが、「なんだか仕事がデキるやつが多い」こと。

 

たぶん本当にバイリンガルなんでしょう。東京という場所でまわりに合わせて流暢に話すことができる。たぶん英語も話せる、もしくは勉強したら習得も早いんじゃないかと。

 

一方で、ずっと関西弁のままの人もいます。

 

この人たちは2パターンあって、関西弁ならではのトークで盛り上げて仕事も順調な人、とにかく何を言ってもウザがられる人。

 

こう書くと、まるで私が「東京に来たら標準語をしゃべれ」と言っているようですが、そういうワケじゃございませぬ。(そもそも私は標準語という言葉が嫌い。東京出身にも東京弁をくれよー!というのが持論っす)

 

そう、例えるなら桑田と清原。

と、こう書くと、まるで私が「東京にいるのにずっと関西弁だった清原は、東京に憧れたくせに裏切られ、不器用な人間だから捕まったんだ」と言っているようですが、これも違います。

 

そもそも桑田と清原、昔は桑田のほうがダークなイメージでした。

 

たぶん、東京にいるときに関西弁を使わない関西人は、きっと良い意味で「小狡い」のです。ビジネスライクなのです。

 

頭が良いから、どっちが得なのかを計算して、それであえて東京では標準語を駆使して、仕事を円滑に進めているのです!!

 

 

、、、という話をこの間、私が「仕事デキるなー」と思う関西弁を使わない関西出身の友人に言ったら、久しぶりに使ったと思われる関西弁で

 

「ちゃうわ!」

 

というツッコミをいただきましたとさ。。。

 

なんでやねんねん

 

 

でも、未だに私はこの説が正しいと信じている。

 

スポンサーリンク

 

今週のお題「方言」