ライターになりたい人に読んでもらいたい初心者向け9の記事

ライターになるには?フリーライター未経験が知っておくべきこと

フリーライターとはどんな仕事なのか、どうやってフリーライターになって、どのように稼ぐのか。そんなテーマでブログをスタートして、もう2年。最近はwebライターや副業ライター、ブロガーなども増えていますが、自分のフリーライター&フリー編集者としての経験をナレッジとしてブログにまとめてみたら面白いんじゃないかと軽いきっかけではじめてみましたが、ずっと継続してできたことは自分にとってよかったことじゃないかと思っています。

f:id:naze7000nanoka:20160420093624j:plain

あ、申し遅れましたが、どーも、名瀬なのかと申します。

ちなみに個人的な目標として、どうせブログをやるなら「フリーライター」という検索ワード1位をゲット!という意気込みで書いてきましたが、今現在は第2位!。なんと1位になりました!その後、1位から3位を行ったり来たりしてます。

でも、全部でわずか60本(しかも半数近くライターと関係ないバカ記事)という本数のわりには(2018年5月追記:180本ほどに増えました)、上出来な結果だったんじゃないかと。ちなみに「ライター」というワードでも2位なのですが、こちらはウィキペディアの「ライター(火をつけるほう)」が1位なので、実質は1位かも…!

フリーライターを目指す人たちに読んでもらいたい記事10選

というわけで、たくさんの方に読んでいただけたことを記念して、「ライターになりたいと思っている人たちにぜひ読んでもらいたい記事ベスト10」をまとめてみたいと思います。

その1  フリーライターになって良かったと思えることって?

フリーライターとは?職業にする10のメリット
フリーライターとは具体的にどんな仕事なのか。会社員から転身してフリーランスとして働きたい、就職せずにフリーライターになりたい、と考えている人は、最近ますます増えています。「書く」を仕事にしたい人にフリーライターになるメリットを教えます。

フリーランスとして働くのは、とても勇気がいることです。当然デメリットも多いのですが、そんな中、こちらの記事では「ひたすらメリットばかり」書いてみました。

その2 ライターと編集者の違いについて

自分はライター向きか?それとも編集者向きか?をカンタンに判別する方法
ライタータイプなのか、編集者タイプなのかを簡単に知るには?フリーライターを目指す人の中には、編集者にも興味があるという...

このブログは「稼ぐライター」というタイトルですが、編集者を目指したい人もたくさん読んでくれているみたいだったので、私なりの判別法をレクチャー。

ちなみに焦ってフリーライターになるよりもマスコミを体感してみるのも大事です。経験がまったくないという方は、いきなりフリーランスにならずにまずはマスコミ業界で働いてみるというのも正しい道かもしれません。たとえば、【マスメディアン】 みたいな、転職エージェントでマスコミ系に強いところに応募してみて、話を聞いて見るだけでも業界研究になると思います。

あと、これはちょっと裏技なのですが、転職の面接で「フリーランスとしても仕事を考えている」といえば、仮に選考ではうまくいかなくても、「フリーランスでは仕事を頼みたい」という話が進むかもしれません。もちろん、よさげな企業があればぜひ働いてみましょう!

その3 ちゃんとお金を稼ぐライターとは?

稼げるライターと稼げないライターの違いとは?現役編集者が教える意外なポイント
フリーライターになりたいと思った時に気になるのが「ちゃんと稼げるのか?」ということ。きちんと生活していくことができるライターになるために必要な稼げるライターの意外な共通点をお教えします。

バズりました。それゆえ否定的なコメントも多数。だいたい文句を言っている人はライターじゃない人、ちょっとライターをかじった程度の人。私から言えるのは「本当だよ!」ということだけ。

その4 ライターは仕事を取ってくるスキルも重要

稼げるフリーランスになるには「営業マン」より「広告マン」を目指すべき
フリーランスは「お金を持って来れる広告マン」になるべし 前々回のブログでは【編集者が知る「稼げるライター」と「稼げ...

稼ぐということを考えたとき、かならずしも「文章が上手い」ことだけが正解じゃありません。仕事を取ってくるスキルは非常に重要で、その際の考え方としてフリーライターは「広告マン」であるべきなのです。

その5 意外なライターにとっての必需品の話

ライターの仕事で「持ってると意外と捗る」5つのアイテム
ノートパソコン、一眼レフ、手帳以外であると便利なものとは? フリーライターの仕事を始める上で、必要なアイテムに...

「ノートパソコンさえあればライターになれるんです!」みたいな記事に対して、「そんなわけねーだろ」と書いた記事。ある意味リアルに必要なものです。

 その6 企画力を身につけるために

企画力や発想力を向上させる簡単トレーニング方法
企画力や発想力を向上したい人におすすめなのが「売れるダイエット本を考えてみる」というトレーニング。意外とカンタンのようで難しく、でも確実に自分にとってプラスになる鍛錬法です。

ライターや編集者にとって最も重要かもしれない「クリエイティブ」というスキル。私はこれまで企画力や発想力を身につけるために、こんな鍛錬法をしてきました。

 その7 仕事がない時、どーする?

フリーライターなのに仕事がない時に意外と使える3つの対処法
仕事がなくなってしまったフリーランスはどーしたらいい? フリーランスのライターという仕事には、常に「いつ仕事がなくなる...

長くライターという仕事をやっていると一度くらいは「あれ、仕事がない?」というピンチに陥ることも少なくありません。そんな時、どうすればいいのか?

ちなみにフリーライターなのに仕事がない時の助けとなるのが、ブログでの収益。実際、私はこのブログを含めていくつかのブログを運営していますが、毎月の収益がおよそ10万円ほど発生しています。(ブログ運営はほとんど初心者だったんですが、はじめて1年くらいでこれくらい稼げるようにはなれました)

A8.net

追記:ブログに関しては私は初心者でしたが、2年目で年間120万突破!特にA8は案件が確定しやすいので初心者は絶対に登録したほうがいいと思いますよ。ついに「プラチナ」ランクになりました(ちょっと自慢!)

 その8 本当に稼ぎたいならこの仕事で!

ライターの収入をアップする「ギャラが高い」おすすめの仕事5選
これはおいしい!フリーライターの年収を上げる仕事フリーランスとして働く以上、より収入が大きい仕事をこなしていきたいも...

このブログではわりと初心者向けに記事を書いてきましたが、こちらは「すでにライターとして活動しているけど、ガチで収入アップ!」したいという人に向けて書いたもの。実践編。

その9 Webライターになりたい人が知っておくべきこと

Webライターになるには?初心者の稼ぎ方、募集の注意点、気になる収入について
ウェブライターとして活躍したい人、副業やバイトとして在宅ライターで稼いでみたい人など、これからWEBライターになりたい方...

いまや「ライター=Webライター」といっても過言でない時代。比較的ギャラ相場が低い中で、どうやって生き抜くか。そして、今後の「理想のWebライター像」についても。

ライターになりたいなら「まず稼いでみる」が大切

てなわけで、この1年で書いてきた記事を10本セレクトしてみました。まずは、あまり考えすぎずに、とにかくライターとして活動してみることが稼ぐための第一歩なのは間違いありません。

最近はWebライターとして誰でも簡単に仕事を受けられるので、ライターとしてのキャリアをスタートしやすい、ライター志望の人たちにとって良い時代と言えます。

有名どころのクラウドソーシングでいいので、まずは登録してみて、ライターで稼ぐとはどういうことなのかを知ってみることは非常に大切です。自分に合う仕事を探してみてください。

クラウドワークス

ランサーズ

Bizseek

サグーワークス

Webライターで30万稼ぐならサグーワークスのプラチナライター

このあたりは初心者でも仕事をはじめやすく安心なのでおすすめです。(とりあえず迷ったらクラウドワークス から登録してどんなものかを知ってみるのがいいかと)。ただ、もちろんこれだけで誰もが高給取りになれるほど甘い世界ではないのも事実。 私のブログでは散々書いていることですがライターという仕事は「いろんなところから仕事を得る」ことが重要。そのひとつとして、キャリアのスタートのきっかけにしてみてください。

どうしてもキャリアがうまくスタートできないっていう人はWEBライティング技能検定講座 を受講してみるのも手です。通信講座ですが「WEBライティング実務士」の資格を取得できて、仕事を優先的に発注してもらえるようになるのは大きな魅力です。

以上、初心者向け10の記事でした。私のブログもキャリアスタートの一つとしてお役に立てていただければ幸いです。今回紹介した10本以外にもいろいろと情報を載せてありますので、ぜひ参考に。

 

フリーライターになるための基礎 稼げるフリーライターになるには
naze7000をフォローする

フリーランスにも働き方改革の時代が来ている!

最近、世の中では働き方改革が叫ばれていますが、そんな中でフリーランスが大注目しているのがクラウドテックです。

これ絶対チェックしたほうがいいです。超オススメです。フリーランスのための求人サービスなのですが、革命的なのがなんと社会保障や福利厚生の特典があるということ。ケガや病気で収入が途絶えてしまっても最長10年間毎月5万円が支払われる保険に入れたり、健康診断や家事代行サービス、ベビーシッターサービスなどがあります。フリーランスという生き方を変えてしまう存在かもしれない。

もちろん仕事の案件も豊富で、エンジニア系の仕事だけでなく、WEB編集やWEBライター、シナリオライター、校正校閲などの仕事も多いのが嬉しい限り。非公開案件も多いですが、無料で登録できるので、すでにフリーライターの方はもちろん、これからフリーランスを目指す人も参考にどうぞ

ライター初心者は「習うより慣れろ」

WEBライティングの仕事をとにかくすぐにはじめたいのであればCrowdWorks(クラウドワークス)Bizseekサグーワークスがオススメです。人に聞くよりもまずは自分でどんなものか体験してみることが大事!

クラウドソーシングのサービスの他にもいろいろありますが、まずは仕事の流れを知るためにも以下の メジャーどころで試してみては?

ライター向けクラウドソーシングサービス
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」はライター案件多数! 会員登録と発注手数料が一切無料でノーリスクなのもメリット。 お仕事依頼総額400億円超、登録社数110,000名突破で急成長中サービスです。

Bizseek

Bizseekの手数料は業界内最安級、初めての方にもわかりやすいプラットフォームが魅力のサービス。副業を探している方やちょっとしたおこづかい稼ぎにぴったり。大手サイトで仕事が見つけられない方にもオススメです。

サグーワークス

こちらのサグーワークスも日本最大級の記事作成サービス。自分の時間を活用したい主婦や学生の方から、副業・ がっつり本業として稼ぎたい方まで幅広く利用中。体験談や用語の説明文から、高単価なコラムなど豊富な案件が揃っています。

稼ぐフリーライターになる方法
タイトルとURLをコピーしました