フリーライター志望は気をつけるべきダメなライターに共通する4つの特徴

こんなフリーライターは嫌だ!と思わせる行為は?

f:id:naze7000nanoka:20150209231943p:plain

 

今回は私が一緒に仕事をしたライターに対して「こいつダメだなー」と腹が立った、さらに私自身がライターとして活動しているときに「自分ってダメだなー」と思った、そんなダメなライターに共通する特徴について書いてみようと思います。

 

ライターを目指す人は、こんなダメライターになってはいけません。

仕事を受け過ぎる

ライターという仕事をしていると、やたら次から次へと仕事が舞い込むことがあります。そんなときは「自分は売れっ子だ」と勘違いして、何でも「できます!」「余裕です」と二つ返事で仕事を受けてしまうもの。(私もそうでした)

 

でも、結局締め切りが近づいてきて思うのです。「こんな仕事受けなきゃよかった」と。

 

結果として締め切りを守らない、焦って書くからクオリティも低い、他の仕事にも影響する…など、自分にとっても、取引先にとっても、良いことはなし。

 

よくライター講座などでは「どんな仕事も断るな!」なんて言いますが、それは一部の超人だけに限られたこと。できないものはできないと断るのが、正しいライターだと私は思っています(反省しています)。出来ないくせになんでも引き受けてしまうのは、ダメなライターの特徴です。

 

 

 

やたら難しい漢字を多用する

これは私が編集者側として感じたダメなライターの共通点。「兎に角」とか「〜な筈」「或るとき」なんて、普通は書けないような漢字を使いたがる人は、けっこー多いです。

お固い経済誌の記事だったらいいかもしれませんが(それでも私は使わない)、基本的に世に出すもの、万人が読むものに、こうした漢字を多発するのは、自己満足以外のなにものでもありません。

 

いちばんひどいのが、若い女性タレントのインタビュー記事で、女の子の発言部分に「寧ろ、今回のドラマは、役作りの為にいつもより更に頑張った筈だと思います(笑)」みたいな文章を平気であげてくるライター。実際にこう話していたとしても、こんな漢字使えるわけないだろ〜というような文章をあげてきます。

 

「最後の(笑)はお前の頭の悪さに対してなのか?」と殴りたい衝動にかられる毎日でした。

締め切りを過ぎているのにツイッター

ライターあるあるかもしれません。締め切りをすぎているのに、どーでもいいことをツイッターでつぶやき、編集者に見つかって怒らせるパターン。(私も何度かやったことがあります…)

 

担当編集からすると「くだらねぇことつぶやいてる暇があったら、一行でも原稿よこせや!」となります。

言い訳としては、気分転換というか、ちょっと違う文章を書いてリフレッシュみたいなところでしょうか。でも、こういうダメライターはかなり多いと思います。

 

 

 

インタビュー取材前にタバコを吸う

最後はけっこうマジな怒り。私が嫌煙家なだけかもしれませんが、ダメなライターに限って、タレントや著名人のインタビューなのに、平気で直前にタバコを吸って、臭い息をまき散らしながら、取材を始めます。

 

一度、知り合いのライターに文句を言ったことがあって、その時は「いやー緊張するんで、その前に一服したくて」と言っていて、そういうものなのかと思ってしまったけど……。普段、タバコを吸うなとは言いませんが、せめて取材の前くらいは我慢できないものなのでしょうか。

 

まー、これは私が怒っているだけで、ダメなライターというわけではないかもしれないけど、やっぱり人と接する仕事にはエチケットくらいは守ってほしいものです。 

というわけで、今回は私が思う「ダメなライター」に共通する特徴を紹介してみました。ダメなライター=稼げないライター、というわけではないかもしれませんが、少なくとも誰かを嫌な思いにさせて、せっかくの仕事を逃すなのてことがないよう、特に未経験の方は気をつけてみてください。

 

【合わせてお読みください】

職業:フリーライターを目指す人へ 

編集者が明かすライターになる近道「編集者への持ち込み」が意外と有効な理由 

編集者が知る「稼げるライター」と「稼げないライター」の違い 

稼げるフリーランスになるには「営業マン」より「広告マン」を目指すべき 

副業でライターを始める「お小遣い稼ぎ」だけじゃない未経験者にとってのメリット 

ライターの仕事で「持ってると意外と捗る」5つのアイテム

 

フリーランスのライターとして働いて良かったことランキングベスト10 

フリーランスで仕事を受けるべきか迷ったら「時給」を計算してみる 

Webライターは稼げるか?ライター募集の注意点と気になる収入 

ライターの募集、求人でクラウドソーシングは実際のところ使えるのか? 

ライターの収入をアップする、おすすめの仕事5選 

フリーライターなのに仕事がない!意外と使える3つの対処法 

 

フリーライターになるための基礎 稼げるフリーライターになるには
naze7000をフォローする

フリーランスにも働き方改革の時代が来ている!

最近、世の中では働き方改革が叫ばれていますが、そんな中でフリーランスが大注目しているのがクラウドテックです。

これ絶対チェックしたほうがいいです。超オススメです。フリーランスのための求人サービスなのですが、革命的なのがなんと社会保障や福利厚生の特典があるということ。ケガや病気で収入が途絶えてしまっても最長10年間毎月5万円が支払われる保険に入れたり、健康診断や家事代行サービス、ベビーシッターサービスなどがあります。フリーランスという生き方を変えてしまう存在かもしれない。

もちろん仕事の案件も豊富で、エンジニア系の仕事だけでなく、WEB編集やWEBライター、シナリオライター、校正校閲などの仕事も多いのが嬉しい限り。非公開案件も多いですが、無料で登録できるので、すでにフリーライターの方はもちろん、これからフリーランスを目指す人も参考にどうぞ

ライター初心者は「習うより慣れろ」

WEBライティングの仕事をとにかくすぐにはじめたいのであればCrowdWorks(クラウドワークス)Bizseekサグーワークスがオススメです。人に聞くよりもまずは自分でどんなものか体験してみることが大事!

クラウドソーシングのサービスの他にもいろいろありますが、まずは仕事の流れを知るためにも以下の メジャーどころで試してみては?

ライター向けクラウドソーシングサービス
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」はライター案件多数! 会員登録と発注手数料が一切無料でノーリスクなのもメリット。 お仕事依頼総額400億円超、登録社数110,000名突破で急成長中サービスです。

Bizseek

Bizseekの手数料は業界内最安級、初めての方にもわかりやすいプラットフォームが魅力のサービス。副業を探している方やちょっとしたおこづかい稼ぎにぴったり。大手サイトで仕事が見つけられない方にもオススメです。

サグーワークス

こちらのサグーワークスも日本最大級の記事作成サービス。自分の時間を活用したい主婦や学生の方から、副業・ がっつり本業として稼ぎたい方まで幅広く利用中。体験談や用語の説明文から、高単価なコラムなど豊富な案件が揃っています。

稼ぐフリーライターになる方法
タイトルとURLをコピーしました